<特定非営利活動法人>JATI-日本トレーニング指導者協会-

上位資格の取得方法

基礎資格としてのJATI認定トレーニング指導者取得後、さらに上位の資格(AATI、SATI)を目指すことができます。
これらの上位資格は、すぐれた技能や実績を保持していることを社会に示す証明となります。
→ JATI認定資格の構成と種類





上級トレーニング指導者(JATI-AATI)
  • 1.2017年度 実施要項

    日程

    2018年 3月 4日(日)10時~17時

    ※筆記試験(60分)、実技試験(1名 30分)
    ※個別の試験実施時間は申請締め切り後、受験者数に応じて決定します
    ※実技試験はご自身の順番まで待機いただく場合があります
    会場 東海大学 湘南キャンパス(神奈川県平塚市北金目 4-1-1)
    定員 30名(先着)
    募集期間

    ~2018年 2月 7日(水)必着

    受験料
    • 実技試験・筆記試験いずれも受験の場合:32,400円(30,000円+税)
    • 筆記試験のみ受験の場合:10,800円(10,000円+税)
    • 実技試験のみ受験の場合:21,600円(20,000円+税)
    ※1科目のみの受験は過去に受験歴がありどちらか
     1科目が既に合格済の方のみ対象となります

    お支払いは、口座振替または
    2018年 2月 22日(木)付までに指定の口座へ振り込むこと。
    申請書類
    • 実施要項PDF
    • 申請書PDFWord
    ※実施要項は必ずお読みください。
    申込手続き (1)受験申請
    申請書と申請条件(3)に該当する修了証または認定証のコピーを締め切りまでに事務局へ送付すること。
    ※過去、筆記試験・実技試験いずれかを合格している場合には、試験結果通知書の写しを添付することで、既に合格している試験が受験免除となります。
    ※申請書類は協会規定に則り適切に処理し、返却は行いません。

    (2)受験資格審査
    資格認定委員会による審査の上、受験資格が認められた者には受験票・受験料に関する案内等 を送付(受験資格が認められなかった場合にはその旨を通知)します。


    2.申請条件(受験資格)

    下記の(1)~(3)の全てを満たすことが条件となります。

    (1)日本トレーニング指導者協会の個人正会員であること
    (2)「日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)」を取得した後、試験日までに3年以上の運動指導に従事した経験があること。運動指導期間中には、有効な「トレーニング指導者(JATI-ATI)」資格を有していることが必要です。
    (3)心肺蘇生法(CPR:Cardio Pulmonary Resuscitation)と自動体外式除細動器(AED: Automated External Defibrillator)に関する講習会を受講し、修了証または認定証を保有していること。


    3. 試験科目と内容

    (1)筆記試験(60分)
    ●スポーツの競技力向上と健康体力増進の両分野を対象とし、上級トレーニング指導者として身につけるべき知識の習得度を評価するものです。

    ●以下の3つの項目の中から論述式の問題が出題されます。
    ①対象や目的に応じたトレーニングプログラムの作成
    ②トレーニング効果の測定及び評価
    ③トレーニング指導の実務(トレーニングの運営、施設及び器具の整備とメンテナンスなど)


    (2)実技試験(30分)
    ●スポーツの競技力向上と健康体力増進の両分野を対象とし、上級レベルのトレーニング指導者として必要とされるデモンストレーション能力と実技指導能力の習得度を評価するものです。 必要に応じて口頭試問も実施します。

    ●対象となるエクササイズ(名称及び内容)は、「トレーニング指導者テキスト実践編 改訂版」・「トレーニング指導者テキスト実技編」(日本トレーニング指導者協会編著、大修館書店)」に準拠します。出題内容は以下の通りです。
    <実技試験1:デモンストレーション能力の評価>
    指定されたエクササイズの実施方法と留意点について説明し、デモンストレーションを行う
    <実技試験2:実技指導能力の評価>
    指定された対象及び目的に応じて適切なプログラムについて説明し、モデルに対して実技指導を行う

特別上級トレーニング指導者(JATI-SATI)
  • 特別上級トレーニング指導者(JATI-SATI)認定審査は、以下の二段階審査となります。第二次審査は、第一次審査合格者のみを対象に実施します。
    ・第一次審査(書類)
    ・第二次審査(講習会の受講と小論文)

    1.2016年度実施要項

    第一次審査募集期間

    2017年 1月 16日~2017年 3月 10日まで

    ※消印有効
    第二次審査 日時:2017年 3月 20日(月・祝) 14:00~16:50
    会場:機械振興会館(東京都港区芝公園 3-5-8)
    審査・認定料

    32,400 円(30,000 円+税)

    (内訳)
    ・審査料 16,200 円(15,000 円+税)
    ※申請時に支払うこと、不合格の場合にも返金はしない
    ・認定料 16,200 円(15,000 円+税)
    ※合格後に支払うこと、不合格の場合には支払い不要
    申込手続き 下記の申請書類一式を JATI 事務局あてに送付すること
    ①申請書・経歴書
    ②JATI 役員(参与、顧問、理事、監事、支部長)のいずれか 1 名からの推 薦書(封書)
    ③振込証明書(コピー可、振込で支払いの場合のみ)
    申請書類
    • 実施要項PDF
    • 申請書・経歴書・推薦書(指定書式)PDFWord


    2.申請条件

    (1)日本トレーニング指導者協会の個人正会員であること
    (2)「日本トレーニング指導者協会認定上級トレーニング指導者(JATI-AATI)」を取得した後、
    2017 年 3月 31日までに5年以上の運動指導に従事した経験があること。
    (3)合計 10 年以上の運動指導歴または教育歴があること
    (4)2017年 3月 31日時点で年齢が満 35 歳以上であること

    ※詳細は、実施要綱をご参照ください。

    3.審査方法

    (1)第一次審査
    【書類選考】 申請書類にて第一次審査を行う。合否は郵送にて通知します。

    (2)第二次審査
    【講習会の受講及び小論文作成】 第一次審査合格者は下記講習会を受講し、小論文を作成。 小論文の内容等に基づき、二次審査を行い、合否は郵送にて通知します。

    4. 推薦に関するガイドライン

    ①人格が高潔で、知識、能力、経験に優れ、かつ JATI の活動理念や事業内容を理解し、トレーニン グ指導者の社会的地位の向上に寄与していること

    ②JATIに友好的かつ協力的であり、実際に JATI の活動に対する貢献実績があること。JATI-SATI 取得後も JATI の中で後進の育成に協力していただける方であること

    ③自身のトレーニング指導能力だけでなく、後進のトレーニング指導者の育成に有益な実績やノウ ハウをお持ちであること。その実績やノウハウは客観性を持ち、高い実績を上げていること。
(C) 2017 Japan Association of Training Instructors (JATI) All rights reserved.
事務局 : 〒106-0041 東京都港区麻布台3-5-5-907 tel:03-6277-7712