<特定非営利活動法人>JATI-日本トレーニング指導者協会-

ニュース詳細

2021年度 表彰発表
2021年度の表彰を、以下の通り発表致します。
過去の表彰者一覧

●優秀トレーニング指導者表彰
栗田 興司 氏 (フィジカルコンディショニングプロダクション合同会社、JATI-AATI)
  この度は名誉ある賞にご選出いただき、誠にありがとうございます。JATI設立直前に長谷川裕先生より、欧米諸国の科学的知見のみに頼ることなく、より日本の特性に適合した実用的なトレーニングシステムを構築する必要がある、そのための情報共有と指導者育成を実現する協会を立ち上げる、という旨の理念を伺い、すぐに賛同し入会いたしました。貴会から提供されるトレーニング現場に即した最新情報は、私が仕えているクライアントへの成果に多大な援助となっております。ここに改めて感謝申し上げます。               この受賞の感激を機に、ますます現場実践と研究活動に精進する決意をしております。今後ともご指導をお願いいたします。

●功労者表彰
石井 直方 氏 (東京大学名誉教授、JATI参与)
  この度は、このような立派な賞をいただきありがとうございます。身に余る光栄に存じます。 私が筋力トレーニング(筋トレ)の効果の仕組みに関する生理学的研究を開始したのは1990年頃のことでした。当時の我が国では、筋トレはスポーツトレーニングとしての認知度や地位も低く、ましてや健康にとって役立つものという認識も皆無でした。 それから30年が経過し、現在ではすべてのスポーツ競技であたりまえのように筋トレが行われるようになりました。また、生活習慣病の予防から高齢者の介護予防まで、健康づくりにおける筋トレの有用性が広く認められるようになりました。当初からは想像も出来ないほどの、嬉しい進歩といえるでしょう。 一研究者として、世の中にこうした流れを引き起こすための、わずかな力を発揮できたのではいかと自負しております。しかし、スポーツやトレーニングの現場で、正しい知識のもとに確かなトレーニングを指導されてこられた指導者の方々の力はもっと大きなものではなかったかと思います。 今後も微力ながら、JATIから一人でも多くの優秀な指導者が輩出されるよう努力したいと改めて決意しております。引き続きよろしくお願いいたします。

●優秀研究表彰(一般の部)
下野 俊彦 氏 (デンソーエアリー ビーズ スポーツメディスン&パフォーマンス)
  この度は、優秀研究表彰に選出していただき、誠にありがとうございます。 このような栄誉ある賞をいただき、身の引き締まる思いです。 多くの方に支えられて発表することができました。 関わって頂いたすべての皆様に感謝致します。 世界が大変な時期ではありますが、今後も現場ならではの声を発信し、スポーツ界の発展につくしてまいりたいと存じます。

苫米地 伸泰 氏 (日本体育大学 助教、JATI-ATI)
  この度は栄誉ある賞を賜り、身に余る光栄に存じております。本大会における 我々の発表は、縄跳びを用いた高強度・間欠的運動のより効果的な方法論 解明に資するものです。トレーニング指導者が直面する「場所や機器が限られた 環境で如何に持久性能力を高めるか」という現実的課題の解決を目指し,今後 も縄跳びを用いた高強度・間欠的運動トレーニングに関する研究を継続していき たいと思います。

●優秀研究表彰(大学院生の部)
齊藤 倫也 氏 (国際武道大学大学院)
  このたびは、優秀研究表彰(大学院生の部)という名誉ある賞を頂き大変うれし く、光栄に感じております。今回の受賞は、日頃から熱心にご指導頂いている笠 原政志教授、同じ大学院の先輩や同期からのアドバイス、そして本調査に協力 してくれたサッカー部の選手とスタッフあってできたことです。この場をお借りして 厚く御礼を申し上げます。今回の受賞を励みに、引き続き現場活動の支援につ ながる研究に精進を重ねる所存にございますので、今後ともご指導、ご鞭撻を 賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

堀 天 氏 (中部大学大学院、JATI-ATI)
  この度、優秀研究表彰を受賞いたしましたことは,ひとえに皆様のご指導ご支援 の賜物と厚くお礼申し上げます。現在、未曾有のパンデミックに世界中が直面し ております。私にはワクチンの開発や医療現場に携わることが出来ません。 私にできる社会貢献は、スポーツ科学の研究を通じて、世界の健康の維持・増進 に寄与することと信じております。そのために、より一層、研究活動に邁進してい く所存です。

●優秀研究表彰(学生の部)
都築 祐衣 氏 (至学館大学、JATI-ATI)
  このたびは、輝かしい賞を頂戴し大変嬉しく光栄に思います。 受賞対象論文では、競技として先行研究が少ない中での研究で苦労する 面が沢山ありました。しかし、今回の受賞を励みに、競技の発展に繋がる 研究を続けてまいります。指導者として、研究結果に基づき、トレーニング法 を見直し選手の競技力向上を目指していきます。 このたびは、本当にありがとうございました。 また、本研究に際してご教示いただきました先生方、および被験者の 皆さまに心より感謝申し上げます。
(C) 2018 Japan Association of Training Instructors (JATI) All rights reserved.
事務局 : 〒106-0041 東京都港区麻布台3-5-5-907 tel:03-6277-7712